• ホーム > 
  • 丸の内(三菱一号館) - Marunouchi (Mitsubishi Ichigokan)

丸の内(三菱一号館) - Marunouchi (Mitsubishi Ichigokan)

  1959(昭和34)年2月20日、丸の内の一角に建つ赤レンガ造りの古い建物は「三菱一号館」。開国間もない明治政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計で1894(明治27)年に竣工した。三菱が丸の内に建設した初の洋風事務所建築で日本の近代化の象徴ともいえる存在だったが、1968(昭和43)年3月、老朽化のため解体されてしまった。
  40年余り後の2009(平成21)年、原設計にのっとってレプリカとして再建され、企業博物館の「三菱一号館美術館」となっている。

   Redbrick Mitsubishi Ichigokan building on Feb. 20, 1959. It was designed by British architect Josiah Conder who came to Japan at the invitation of the Meiji era government and completed in 1894. It was the first Western-style office building in Marunouchi district built by Mitsubishi Estate but the aging structure was torn down in March 1968.
  In 2009, Mitsubishi Ichigokan Museum was built as a replica of the classic building.