• ホーム > 
  • 数寄屋橋交差点 - Sukiyabashi Crossing

数寄屋橋交差点 - Sukiyabashi Crossing

  1964(昭和39)年3月6日、夕暮れの中、ラッシュを迎えた数寄屋橋交差点から晴海通りを望む。奥が銀座の4丁目交差点。中央左手前には不二家のペコちゃん、同右奥には森永チョコレートの地球儀型ネオンサインの広告塔が夕闇に浮かび始める。森永の広告塔は1953(昭和28)年に登場、銀座のシンボルの一つとして絵葉書にもなったが1983(昭和58)年に廃止された。
  現在の数寄屋橋交差点。右手前にはソニービルが建ち、通りに面して外国の有名ファッションブランドの店舗が多く進出している。

  Sukiyabashi Crossing toward Harumi Street during evening rush hour on March 6, 1964. Ginza 4-chome crossing is far back. On the center left is Fujiya Co.’s Peko-chan mascot and on the center right in the back is Morinaga & Co.’s globe-shaped neon sign. Morinaga’s advertising pillar debuted in 1953 and became one of Ginza’s landmarks. It was dismantled in 1983.
  Sukiyabashi Crossing today. Sony Building is on the front right and many famous foreign fashion brand shops operate along the streets.