• ホーム > 
  • 中野区江原町(江古田住宅) - Ehara, Nakano Ward (Egota Housing)

中野区江原町(江古田住宅) - Ehara, Nakano Ward (Egota Housing)

  1958(昭和33)年10月18日、米国で大流行のフラフープが日本でも発売され1か月で80万本が売れるほどの大ブームとなった。中野区江原町1丁目に建ったばかりの江古田住宅前の路上でも子供たちがみんなで「くるくる」。
  50年後の江古田住宅付近。敷地内のイチョウ並木は太く高くなったが、建物は往時の姿のまま現存している。路上に遊ぶ子供たちの姿は見られない。

  The hula-hooping craze in the United States spread to Japan where 800,000 hula hoops were snapped up in just one month. Children hula-hoop on a street in front of newly built Egota Housing compex in Ehara 1-home, Nakano Ward.
  The Egota Housing complex 50 years later. Ginkgo trees have become bigger and taller but the houses remain the same. There are no children in sight.